「まとめといて」と言われたら

==========
令和4年4月23日  今日もクルクル通信1340号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

求人のご連絡です。

先週、今週と立て続けに、「CMOをお願いできる人、誰かいませんか?」という問い合わせを頂戴しました。

一つは、B2Cです。業種としてはファッションで、ベンチャー企業でありますが、eコマース中心に急激に業績を伸ばしています。調達も終え、潤沢な資金もあるので、ここからが勝負!だからこそ、デキルCMOを探しているとのことです。

もう一つは、B2C、B2Bの両方の側面を持った企業です。特異な業種なので、ここでは書けませんが、ブルーオーシャンとは、まさにこのこと。途轍もないビジネスを展開しています。スゴいですよ。

もし、ご興味がある方はダイレクトメッセージを下さい。お繋ぎさせて頂きますので。

最近、このような人の紹介の依頼をされることも増えています。これも情報発信の効用。

発信をするから、情報も集まってくるようになるんですよね、有難い限りです。

それはさておき、先日、業務支援をさせて頂いているクライアントから、こんな質問を頂きました。

「「上司から〇〇についてまとめておいてください」と言われたんですが、これって、どうすればよいんでしょうか?まとめると言っても、〇〇ぐらいしかないんですけれども…」

「どうすればよいんでしょうか」?というオープンクエスチョンはダメなのですが、それも一旦置いておいたとすると、どう考えて行くのが良いのでしょうか?

この場合、皆さんはどう検討して行きますか。私は、

その人が知りたいことは何か?

もっと言えば、

その人はそれを知った上で何がしたいのか、どんな行動をとりたいのか?

これを考えることが起点になると考えています。

例えば、そのまとめを使って、チームメンバーで打ち合わせをするだけならば、資料の体裁は、わざわざパワーポイントを作らず、ワードで済むかもしれません。

一方で、彼が社長に報告をするのであれば、ワードではなく、パワーポイントにした方が良いかもしれません。

そもそも、その目的だけで、資料の体裁も変わりますし、書き方も変わってきます。

結論だけを知り合い社長だったとしたら、箇条書きでポイントだけ書いておけばよいよね?

となるかもしれませんし、

あの打ち合わせメンバーだったら、ポイントだけではなく、経緯も書いておいた方が良いよね?

ということもあるでしょう。

はたまた、その逆で、社内のディスカッションだからパワーポイント、結論重視の社長だからワード。ということもありえます。

つまり、それを見せる相手によって内容も体裁もまるで変わるんですよね。

なので、依頼を受けた時は、その場で、「それを使って何をするのか?」を確認することが欠かせないのです。

今回で言えば、その依頼が、「来週の社外の人との打ち合わせに使うため」ということは、すぐに分かりました。

「打ち合わせのテーマは何か?」ということも、分かりました。

ここまで分かれば、「彼がそれを使って、その打ち合わせで勝ち得たいことは何か?ゴールは何か」?も、ある程度想像することができます。

だとしたら、用途と目的が分かるのですから、まとめ方は自然と見えてきますよね。もちろん、聞けるならば聞いてしまえば良いのです。

で、結局、今回のケースでは、質問の時に、クライアントが仰っていた、「〇〇しかない」ではなく、「〇〇だけを書けば十分」ということになりました。

もしかしたら、何も考えずに、感覚でまとめていたとしても、同じアウトプットになっていたかもしれません。

でも、分かっていて、できたことなのか?たまたま、できたことなのか?結果が同じであったとしても、意味はまるで別です。

今回はできたとしても、次も同じようにできるかどうか?は分かりませんからね。

大事なことは再現性で、「たまたまには、ほとんど価値がない」のです。

たかが、まとめ。されど、まとめ。なのです。
*****
【今日のうねり】
大事なことは再現性だ。
たとえ、同じアウトプットであったとしても、意識してやったことなのか。たまたまできてしまったことなのか。でその意味はまるで違う。
意識してやるから、再現性は高くなるし、それを繰り返していれば、意識しなくても再現性も高めることができるようになるのだ。