スピード、スピード、スピード

==========
令和元年文月5日  今日もクルクル通信321号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========
今日は今週2度目のごんちゃんとのランチ。彼は圧倒的な成果を上げ続けている、超一流のセールスマンです。
そんな彼と週に二度もランチをした理由は、一昨日のランチの時、「紹介したい人がいるので、セットしますね」なんて言われたからなんですが…
なんと2日後にはそれが実現されていました。
流石!としか言いようがないスピード感ですよね。
一昨日、解散をしてから、1時間以内には日程の調整メールがきましたから。
超一流はとにかく手が早いと思うのです。
そして、やっぱりそこにはとても有難い、素敵な出会いがありました。

紹介して頂いたのは、香りの演出家の伊藤さんです。
彼のグローバルネットプランニングは、武道館やNHKホール、ヤフオク!ドームなどのオオバコのイベント施設でのイベントでオリジナルの匂いで埋め尽くすというとても新しいサービスを提供しています。
実際これを導入したアーティストのライブはめちゃ盛り上がり、ファンとのエンゲージメントが、めちゃ高まるそうです。
例えば、米津玄師のライブでも話題になったlemonの演出ですね。
ご興味がある方はいつでもご連絡をください!

まあ、それはさておき…というか置いてはおけないんですけれども、

やっぱり一流のビジネスパーソンはスピードが速いですよね。フットワークもメチャ軽いと思うんですよね。「すげえな」って思う人はすべからく皆、これがあるんですよね。スピード、クイックネスが。とにかくその場で動く。どんどん動く。
もうそれが身体無意識のうちに刷り込まれている。まさに、
即断、即決、即実行
身についているなと思うのです。
実際、今日の出会いも、ごんちゃんの仕切りによっては、1、2週間後。あるいは、数カ月遅れることだってあると思うんです。場合によっては開催されないことすら有り得ますよね…でも、彼はソッコーで動いてくれた。
それだけ幸せが早く、長く訪れたわけですから、見習わなければなりません。
これが遅れることによる、機会損失って目には見えないし、考えてもわからないんですけれども…時に破格にでかいこともあると思うのです。

どんなことでも、「これだ!」って思ったことや口に出したことは、とにかく溜めずに動いてみる。
DCAPの精神でやってみるんです。
quick and beautifulを目指しつつ、まずはquick and dirtyから始めていこう
と改めて思いました。
それが無意識出来るようになるまで、唱え続けて行きます。

ちなみに、伊藤さんが別れ際に、「資料をデータで送っときますね」
と仰っていたのですが、わずか10分後には送られていました。
スピードが早い、手が早い、フットワークが軽いというのはプロフェッショナルのルールのようです。
*****
【今日のうねり】
プロフェッショナルは、とにかくスピードが速い。手が早い、フットワークが軽いのだ。
それは共通のルールだ。
quick and beautifulを目指しつつ、まずはquick and dirtyから始めていく。
無意識レベルで落とせるまで、徹底的に唱え続けるのだ。