自分もデバイスもメモリ解放!

==========
令和4年6月23日  今日もクルクル通信1400号
本ブログは、(株)SURGING中田雅之のブログです。
今日もクルクルうねって、胸にぐっとクル気づきを書いていきます。
==========

スマホの調子が悪いです。特に最も使用しているであろう、LINEがこの数日頻繁に止まるようになってしまいました。もう買い替えざるを得ません。

去年に夏に買い替えた、OPPO。金額は3万円以下で、史上最も安いスマホでしたが、不具合を生じるのも最速でした。

購入当初、背面認証で感動していましたが、指紋が消えやすい私は、早々にこの機能が使えなくなりまして、結局、顔認証。携帯を立ちあげる度にマスクを下にズラす日々を送っておりますw

別にネガティブキャンペーンを張るつもりもないですが、安かろう、悪かろうってことでしょうか。

ということで、「音声入力最強」との誉れ高い、Google pixel6プロを買おうと思ったのですが、

テック系で参考にさせて頂いている、勝間和代さんが、「やはりGoogleの音声入力よりもSimejiの正確」と、5月26日のメルマガで書いていたので、一拍待っています。

私の場合は音声入力さえできれば、別に最新機種である必要もないですし、この夏の最新モデル発売に合わせて、昨年モデルがセールになりつつあるようですし。

Xiaomiか、Xperia辺りも考え始めています。今から思えば、OPPOの前の4年間使い続けた、HUAWEIは優秀でした。

それはさておき、携帯の端末を買い替える時に必ず発生するのがデータ移行です。

ガラケー時代は、携帯ショップでCD−ROMにデータバックアップをしていたことを考えると、データ通信だけでできてしまう、今はマジでラクですね。

このデータ移行に、前回は、2時間ぐらいかかったような気がしていますが、この時に、一番時間を食っていたと思われるのが、写真の転送でした。

改めてあれをやるのか?と思うと気が重くなり、ふと思ったんです。

「そもそも、写真をケータイの保存しておく必要があるのか?全くなくね?」って。それで、「スマホ 写真、クラウド」でグーグル先生に聞きました。

検索結果画面を見て、愕然としましたよ。

Amazon photo。プライム会員なら、容量無制限で無料。スマホと同期をオンにしておけば、撮った写真が自動でクラウドに保存される、このサービス。

便利すぎる。

5年ぐらい前に写真が趣味の友人が、Amazon photoが便利、って。言っていたことを閃光のように思い出しましたw

というか、写真好きの人にとっては、いやいや、全てのスマホユーザーにとっては常識で、「お前、何言っての!?」って話かもしれませんが…

アマゾンプライム会員でない人はいるかもしれませんが、グーグルアカウントを持っていない人はほぼいないと思います。同じようなサービスである、Google photoは15GBまでは無料で使えるようです。どちらにしても、使わない手はないですね。

15GBでも、7,500枚(1枚2MB想定)は保存できるようですから。

Amazon photoをダウンロードしてから、正味2時間で、写真が全てクラウド保存されました。これで安心してスマホの写真をすべて削除できます!

なんだか、スマホだけではなく、自分のメモリーまで軽くなった気分ですww

写真と動画だけで、20GBはあったみたいですから。音声データに続いて、二番目にストレージを食っていました。

別に、スマホにデータ残しておけばよくない?転送時間が長くても、待っているだけでしょ!?

という人もいるかもしれませんが、無駄な時間はやっぱり削りたいんです。

こういった細かいチューニングで、最も希少な資源である時間を、けっこう生み出すことってできるんですよね。

各種メモリを開放し、自らもデバイスも常にサクサク動けるようにしておくのです。
*****
【今日のうねり】
希少な資源である時間は、細かいチューニングを積み重ねることでゲットできるのだ。
時間をゲットして、デバイスのメモリも軽くする。
サクサクできる環境を整備することが、生産性向上に繋がるだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA