徹底的に「パクる」 これが大事。

優しい人になるためには、「力」を身につけなければならない。
力を身につけるには、学び続けなければならない。やり続けなければならない。
「やり続ける」って言ったって、どこまでやり続ければ良いのか?
それは、「こりゃすげえや」って心震える基準までやり続けるのが良い。
その基準は人が与えてくれる。

コミュニケーションにも、世阿弥の教えを。

相手の興味関心に焦点を合わせることができるか?
これはすべてのコミュニケーションにおいて、大切なことですよね。
仕事で言えば、例えば、社外の人との商談や、社内の打ち合わせ、上司の決済承認などにおいて、
これが意識できているかどうか?によって、
そのコミュニケーションの成否は大きく変わる。と思います。

ファクトと意見。ごちゃ混ぜ報告。やっちゃってませんか?

根拠なき意見や主張は意見でも主張でも何でもない。
単なる思いつきや空想。
意見や主張には必ず根拠となる「ファクト」が必要である。
昨日、そんなことを書きましたが、
ファクトと意見は1セット。

「感情先行型。議論下手」にならないように。まずは「ファクト」を示す。

「書くこと」や「話すこと」を通して、考えや意見を述べる上で大事なことは、
その元となった、ファクトを示すこと
です。
「何を当たり前のことを言っているんだ!」という人もいるかもしれませんが、
当たり前のことだからこそ、今一度再確認したいので、書きます。

「御礼の型」から「営業の型」へ。「型」を転用する。

昨日、御礼メールの完成された「型」について書きましたが、今日も続けます。
完成された「型」を身につけるメリットは、それを転用することによって、また別の「型」を身に着けやすくなることにあります。
昨日書いた「御礼メールの型」とは次の通りです。