「世に二つとない」商売をする。

平成の大名人、噺家の柳家小三治師匠、ゴルゴ13でお馴染みの漫画家のさいとうたかを。
リスペクトしている、お二人が立て続けに鬼籍に入られた、といニュースに触れました。
その昔NHKの『浦沢直樹の漫勉』という、浦沢直樹が漫画家を取材する番組に、さいとうたかをさんが出演していて、彼のワークスタイルを見て、度肝を抜かれました。

「普通に考えて、おかしくないですか。おかしいって思わなかったんですか?」

間違った問題提起による正しい答えの修正ほど難しいものはない。
というドラッカーの言葉があります。(『ドラッカー365の金言』 10月10日分より抜粋)
これを聞いて真っ先に思い出したこと。

「勝負に勝つ秘訣と人生を誤らないための至言」について

昨日10月10日は体育の日。だと思っていたのですが、昨年から名称が「スポーツの日」に変更に、かつ、日にちも、10月第2月曜日になったそうです。
いまや祝日でもないようです。

「非常識」に感謝できるか?微笑ましいと思えるか?

久しぶりにトイレ掃除のおじさん、登場です!
今朝、いつもの公衆トイレの前を通ると、おじさんの掃除道具のバケツ(普通サイズ)から溢れんばかりのビールやカクテルなどのアルコール類の缶が見えました。
ゴミ袋からはエロ本も笑

いつ辞めるの?そうだ、おじさんに聞こう!!

やることを決めることはもちろん大事ですが、同じぐらい大事なことは、やらないことを決めること。
場合によっては、やらないことを決める方がはるかに重要。
と、しばしば言われることがあります。

「夢の開示」という恥ずかしいことをしてみる。

変な夢を見ました。まあ、夢は、大抵の場合、変ですが…
夢を思い出すと良くないとか、そもそも夢って頭の中で考えていることなので、それを開示することはやや恥ずかしい気もするんですが、書き進めてみます。