「流行りのサブスク」名前に踊らされるな。

昨日のカミソリのサブスクの話を今日も続けます。
たった1週間でカミソリのサブスクを解約したんですが、解約の方法が謎でした。
申し込みはオンラインで完結するにもかかわらず、解約に関しては電話のみだったんです。

なぜ、「言葉にできる」と価値があるのか?それが分かりました。

コップで水が飲めるようになる。
トイレでおしっこができるようになる、うんこができるようになる。
スプーンやフォークで食事ができるようになる。

大事なのは、起こったことではなく、それをどう解釈するかだ。

小学生の時から新聞を読んでいたらしい。いや、読まさせられていたらしい、です。
そんな記憶は一片もないのですが、25年ぶりに小学校の担任の先生の文章を読んで、そのことを知りました。
新聞をテーマに作文を書いていたことも、覚えていなかったですし、本当に記憶とは曖昧なものです。

「逆・タイムマシン経営論」と小学校の文集。

「逆・タイムマシン経営論」
という考え方があります。
これは<ストーリーとしての競争戦略>でお馴染みの一橋ビジネススクールの楠木建先生が提唱しているものです。

そのグリッドが選手にメッセージを発しているんですよ。

2日連続で石原さんとミーティング。

今年最も会っている人です。
ワクワク、ドキドキを大切に、なんか面白いことを一緒に企てて行ければなんて真面目に思う今日この頃。
このまま、一年で最も会う人になるのか?が楽しみです。