攻略条件の大切さは、全て『フロントミッション』から学んだ。

『フロントミッション』というスーパーファミコンのゲームがありました。
今確認したんですが、既にシリーズとして5作以上が出ているようですね。
第一作目しかやっていませんが、めちゃ面白かったと記憶しています。

「意味なし三兄弟」の悪友、登場。

昨日は、ヘンリー・フォードの

いくつかの小さな仕事に分ければ、これといって難しい仕事はない。
という言葉を引用しながら、
どんな仕事でも呑み込めるほど細かく噛み砕いてしまえば、解決の糸口が見えるよね。行動できるよね。

いつ採ろうとしても、「食べ頃!」ですか?

お陰様で、やたらに慌ただしい毎日を過ごしております。
つい1ヶ月前は毎日1冊とは言わないですけど、2日に1冊くらいは本を読んでいたのに、週1冊くらいと急激にペースダウンしている程です笑
とはいえ、この慌ただしさをどう日常にしていくのか?

さよなら。モンハン

めちゃ当たり前のことですが、短期的なことと長期的なこと。

どちらにどの程度リソースを配分するのか?ということは、重要です。
ビジネスで言えば、短期的なことは、今月の売上、今期の売上、今年度の売上といった、今、目の前でやらなければならないこと。これが、代表例でしょう。
一方で長期的なことは、来年度以降の種まきのような、もう少し息の長い営みと言えます。

レシピ公開なんて怖くない。

昨晩は、スタミナ苑のマコさんと奥様、弟子の木原さん(大分県で人気沸騰中の焼肉店を経営者)と食事をご一緒させて頂きました。
この会は、木原さんが東京に帰ってくるたびに開催されるので、もはや数ヶ月の1回の定例の美食イベントとなっております。
言うまでもなく、ご一緒させて頂いたお店は美味しかったのですが、今回はその話ではなく、まこさんと木原さんのこんな会話から始めたいと思います。

算数の補助線は引けないけど、仕事では引けるのさ!?

数日前、Facebookのウォールに、「息子の算数の宿題を解いているのですが、分かりません。誰か助けてください?」という問題の写真付きの投稿がありました。
それが投稿された時間は、私がそれを見る30分ほど前でしたが、すでに20ものコメントが付いていました。
そのコメントには回答が書いてあることは間違いなしだったのですが、それを見ずに、久しぶりに算数の問題にチャレンジしてみました。