「背が高いからバスケ?それって、普通になっちゃうんじゃない?」

「この子、けっこう体がおっきいんだよね」
「そうか。だったら、バスケットボール、やった方がいいんじゃない?」
「えっ?ダメでしょ。バスケ、やったら。おっきい子ばっかいるじゃん。

「今の環境が悪い」という言い訳は、成立しない。そんな世の中。

「幸せに絶対になれない人って、どんな人か?わかりますか。
それは「自分で幸せは何か?」を決められていない人です」
この話を、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?
幸せは、自分で決める。他人がどうこう言う話ではない。

欲しいものがあったら、ゲットできるまでやる。ガチャも人生も同じ。

今月は、モンスターストライク(モンスト)の7周年キャンペーン月。
運営から沢山の贈り物がユーザーに届けられたり、ユーザーとしては堪らないイベントが盛りだくさんです。
その中に、「7周年爆絶感謝マルチガチャ」というものがあります。

「知っている」と「できる」は全くの別物。

この週末は、大学時代の友人とオンライン飲み会。
飲み会と言っても、人数は3人。私は「水のみ」での参加でしたが笑
他の二人は、ビールに、韓国のり&レアチーズケーキや、ワインにプリングルス。
といった感じでした。

「エレファントシンドローム」と「ギブス」。枠を超えるための「壁外調査」

「エレファントシンドローム」という症状があります。
これは次のような話から名づけられているようです。
子供の象の足に鎖を付け、丈夫な木に繋いでおきます。