ブログ

一つだけ確かなことは、「時間は平等に過ぎていく」ってことだよ。

散歩中にご近所さんと会いました。
彼はとても優秀で、企業に勤めているにもかかわらず、ひっきりなしに色んなお誘いをもらう人気者です。
なんとまだ25歳!

「犬と猫と牛」が弾けて混ざった、私のヨガ。

猫。犬。牛。鳩。三日月。戦士
などなど、ヨガには数多くの自然界に因んだポーズが登場するようです。
実際、先日の初レッスンでも、これらが登場したことはうっすら覚えているのですが、
どれがどのポーズだったのか?
全く分かっていませんでした。

分かりやすい話は、「丸い言葉」から。

先日、パーソナルヨガデビューをしました。
ヨガ自体は2回目ですが、1年以上前のことで、実質初めてみたいなものです。
ヨガは心身ともにリフレッシュできて、気持ちいい!
そんな話をよく聞きますが、

「五月雨小僧」は、仕事ができない。

お願いごと。
これが上手にできるかどうか?
仕事を円滑に進める上では、めちゃ大事なことです。
言い方やタイミングなど、大切なことはいくつもあるとは思いますが、
個人的に超重要だと考えていることは、

「事実を事実として受け入れる」これが難しい。でも、そこにチャンスあり?

人は自分の過去の経験則や思い込みに引っ張られてしまうものです。
不確実性のレベルが上がれば上がるほど、人は現実よりも過去の経験を重んじること場合がある。
経験的証拠に圧倒的な説得力があるようなとき、それが客観的な事実を打ち負かしてしまう。

「政治家の世界は100メートル競争ではない。マラソンだ」と佐藤栄作元首相は竹下登元首相に言った。というエピソードを思い出す。

菅義偉前官房長官が、第99代首相に就任されました。
菅さんについては、大変失礼ながら&恥ずかしながら、「官房長官」ということ以外は、全く知りませんでした。
今回の首相になることをきっかけに、wiki等で多少の情報収集をしました。

本は、自分の成熟度を測る、「リトマス試験紙」でもある。

「あれは、マジで危険だから手を出さない方がいいですよ。面白すぎるんで」
「もうすぐ終わるはずだから、もし読むとしたら、終わってからですね」