ブログ

人の出会いも”せんみつ”

「千三つ(せんみつ)」という言葉があります。これは、1000のうちに僅かに3つ。1000回やって3つぐらいしか当たらないほど難しいこと。という意味だと理解しています。
「新規事業なんてさ、千三つだよ。せんみつ。それぐらい難しいだから。簡単に口にするなよ」
例えば、用例としてはこんな感じで、事業会社や、ベンチャーキャピタルでは、頻繁に使われている言葉ではないかと思います。

「運」や「ご縁」を安易に理由にしない

おい、ちょっと待て!お前、どーなってんだ。痩せすぎか!?さらに痩せてねーか。一体何やってんだ!?
先日、2年半ぶりにお会いした、大先輩の第一声です。あの時も、十分痩せていたと思いますが、あれから更に1キロくらいは体重が減っています。

140万人の”光回線難民”が生まれる!?

先日、実家に泊まって朝イチの電車で”出勤”しました。初電ではなく、私にとっての朝イチ。大学4年間、毎日乗り続けた5時28分発です。
もう20年以上の月日が経っておりますが、この電車はダイヤ改正されていませんでした。
当時は、一車両に数える程度しかいなかったこの電車も、空席がないほどの人入り。

ズリ落ちる短パンに思う、環境選びの大切さ

カラッとした、天気で過ごしやすかった昨日。私は、実家で光回線工事に向けた現地確認をしておりました。
電話回線が来ているのが、二階の私の部屋なのですが、東南向きなのでめちゃ暑い。
Tシャツ&ジーンズでは限界。ということで、短パンに着替えるべく、部活グッズが入っていた引き出しを漁りました。

すべてを捨てる覚悟があるか

大きな変化を求めるならば、今までの経験は全てリセット。これが基本だと考えています。
例えば、サラリーマンから経営者になろうとするならば、昨日までのサラリーマンの経験は、”一旦”は全て捨てる。だって、両者ではルールが全く違うのですから。

バックアップ体制を整備する

光回線手続き話の続きです。実家のso-netの契約状況を確認すべく、母に、「はがきなどの毎月の請求情報を教えてくれ」とリクエストしました。
すると、「so-netからの請求されていない。東京ガスから請求されている」との回答。謎過ぎる。
どうやら、電力自由化で、ガス・

「プロバイダ選び」という難題に立ち向かう

実家の「光回線契約をする」というかなり重い、というか面倒な仕事を担当しています。
そもそも、未だにADSL回線。2階に親機があるんですが、1階ではまるで役に立ちません。母のお話を聞いてみると、1階でちょっと動画を見れば、簡単にパケット追加をしてしまっている。そんなレベルとのこと。